一生痕が残る事も…手入れを怠らずに

化粧水の役割は保湿成分を届けること

化粧水は肌に水分を与えるものと考えられているようですが、水分ではなく水溶性の保湿成分を届けることが化粧水の役割です。水溶性の保湿成分を角質層に届けることで内側から潤った肌になります。詳しい情報はセラミド 化粧品に載ってます。

 

肌の水分保持力は細胞間脂質が80%、天然保湿因子が12%、皮脂が2%です。洗顔をするとこれらが洗い流されます。保湿成分は約24時間ほどかけて回復しますが、回復までの間は無謀にな状態です。そこで速やかに潤いを与える必要があります。
細胞間脂質が重要な保湿機能を持っていますが、細胞間脂質は脂溶性なため化粧水に配合するのは不向きです。水溶性の保湿成分を配合した化粧水を使用します。こちらをセラミド 化粧品にアクセスしてください。

 

水溶性の保湿成分には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、グリセリン、PG、BG、NMFなどがあります。PGやBGは肌に悪いイメージがあるかもしれません、少量であれば肌への刺激が少ないです。これらを配合した化粧水を使用して、洗顔後の無防備な肌を守ります。