一生痕が残る事も…手入れを怠らずに

クリニックでのAGA治療

AGA治療に用いられているフィナステリドですが、治療の際の副作用としてはネットでも報告例が見られますが、性欲減退や勃起障害です。ミノキシジルは、塗り薬なのですが、頭皮が赤くなったりかぶれたりといった報告があがっています。副作用がでるのはごく一部といった記事もあるのですが、私はちょっと懐疑的です。というのも、ミノキシジルは使ったことがあるのですが、確かに皮膚の炎症は発生してしまったからです。
気になりますAGA 福岡が知りたい!
クリニックなどでは、先に述べた2種類の薬と生活習慣の見直しカウンセリングなどを含めて行っています。
心配な方もAGA 大阪なら安心です。
副作用が出たとしても、医師の診断の元にあれば、自分だけで行っていくよりは安全だといえるでしょう。
治療をはじめてから効果が出るのは大体が3ヶ月くらいです。そして、もちろん個人差があるのですが、1年後に結果としての発毛が体感できるとのことです。その後は、少しずつ薬を減らしていくことや老化に対するケアでAGAの治療としているのです。